テククラの話

  1. クラウンプライズ合格率(都道府県別クラウン)

    クラウンプライズ都道府県別合格率(平成26年度)前にテクニカル合格率について記事を書いたけど、クラウンについては書いていなかったから、今更だけど参考にしてね。今回もスキーグラフィックに載っていたデータを引用させていただきます。クラウンプライズの合格者数と合格率。2015年4月号のスキーグラフィックを引用させていただきます。平均合格率は10.6%。
    続きを読む

  2. テクニカルに1名合格しました。

    受講いただいた方から先週末テクニカルに合格したのと報告がありました!!これで2016年シーズンはテクニカル合格者3人目になります。今年は雪も少ないですが、まだまだこれからスキーマニアのシーズン。今年のテクニカルを目指す人も来年のテクニカルを目指す人もしっかり滑り込みましょう。
    続きを読む

  3. 技術選のあとのプライズ検定は難易度が上がるらしい

    しっかり練習して、シーズンの最後にテククラを受けようと思ってる人は多いと思う。でも受ける前に、要注意!!実は技術選のあとはプライズテストの難易度が上がるって話。検定員の多くは技術選に出ていたり、サポートに行ったり、観戦に行ったりする。もちろん技術選で滑っている人は日本でトップレベルの人ばかり。
    続きを読む

  4. 八方尾根のテククラはキビシ~

    テククラ合格倶楽部でレッスンを受けていただいた方3名が2016・3・21の八方尾根のテクニカルとクラウンに挑戦。結果は残念ながら惨敗。県連から2人の検定員が派遣されるようになった今でも、八方は相当難しいらしい。特に不整地は相当難しいバーン設定らしく、75,80もほとんど出ない状態だったとか。
    続きを読む

  5. 鹿沢スノーエリアのプライズ検定は加点がすごい!!

    鹿沢の最後のプライズ検定はいつも、テクニカル技術選大会と一緒に行われるらしい。普通のプライズ検定の加点はかなり控えめ。でもここは違う!!!相当加点が出るらしい。たとえばここでクラウンを受けた友達は7点加点で合格。やっぱり技術選大会だから、ちゃんと点数出さないわけにはいかないからね。
    続きを読む

  6. クラウンレベルとテクニカルレベルの違い

    すーさんがいつも言ってことだけど、いいポジションに乗ってることってとっても重要なの。正直、ポジションさえ本当に良ければテクニカルもクラウンも受かると思うよ。でもそう言うと、「じゃあどこが違うんですか?」って聞かれるから、今日はそこら辺を教えちゃうね。クラウンとテクニカルのレベルの違いは箇条書きにするとこんなところ。
    続きを読む

  7. アトミックの試乗会に行ってきたよ。

    アトミックの試乗会に行ってきたよ。松沢寿さんに技術的な話を聞いたけど、すごく話がロジカルでわかりやすい。ぜひ今度レッスンをしてほしいと思ったほど。顔はメチャいかついけど、丁寧に話してくれるので、とても好印象だったよ。今年の技術選のGS板は190cmのR27.5とのこと。
    続きを読む

  8. テクニカルプライズ合格率(都道府県別テクニカル)

    テクニカルプライズ都道府県別合格率(平成26年度)スキーグラフィックに気になる情報が載ってたよ。テクニカルプライズの合格者数と合格率。2015年4月号のスキーグラフィックを引用させていただきます。平均合格率は12.7%。8人に1人が受かってるね。
    続きを読む

  9. テククラ最短

    テククラを最短で取るにはどうしたらいいですか?って良く相談される。最短って言ってもテククラはそんなに簡単じゃないから、すぐに受かる人もいるし、何年も受からない人もいるよ。それを前提にした話なんだけど、まずは自分の師匠を見つけること。
    続きを読む

  10. スキー検定1級とテクニカルプライズの差

    1級とテクニカルの差はとても大きいよね。1級までは誰でもがんばれば、教わらなくてもいけると思う。でもテクニカルになると、しっかり教わらないと無理じゃないかな。よく、事前講習以外で教わったことがないって人が受験してるけど、まず受からないよね。
    続きを読む

2017年10月
« 7月    
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031  

最近の記事

ページ上部へ戻る