クラウン合格のヒント

  1. クラウン取りたいなら、大回りは小回り用の板で、小回りは大回り用の板で練習しよう!!

    テクニカルに合格したい人もクラウンに合格したい人も「ターンの後半に板をたわませたい」って思ってると思う。どうしてもスキーの圧を感じられない、スキーがたわまないって思っているテククラ受験者は本当に多いからね。でもね、実は大回りの板はたわみを感じづらいって知ってた?Rが大きいから、しっかり倒せないとたわみを感じにくいんだよね。
    続きを読む

  2. スキーグラフィック2016年2月号にテクニカル・クラウンを目指す人にぜひ読んでもらいたい記事

    スキーグラフィック2016年2月号は読んだかな?テクニカル・クラウンの合格を目指している人に絶対に読んでほしい記事があったから紹介するね。それは「夢のテクニック対談!柏木義之× 藤井守之」って特集。テクニカルとかクラウンを受ける人のほとんどって言われたことをやれば受かるって思ってるんだよね。
    続きを読む

  3. クラウンのコブで加点を取る秘訣

    コブでは滑走面が見えないようにって教わること多いよね。確かに、切り替えでしっかり横に抜けるようにすれば滑走面見せなくすることはできる。でも、いつも言っているようにコブは縦に滑った方が点数が出るんだから、横に抜けちゃだめだよね。
    続きを読む

  4. 小回りで加点を出す方法

    プライズテストを見てると小回りで加点を出せる人に共通点があるのがわかる。これはテクニカルでもクラウンでも一緒。検定員から見て加点つけようかなって思う滑りは、板が外に出てるってこと。下は皆川賢太郎さんの小回り。全日本スキー連盟より引用上体からスキーが相当外に出てるのがわかるよね。
    続きを読む

  5. ターンの質を上げるコツ

    いつも言っているけど、やっぱり山回りがとっても大切なんだよなぁ。ここが上手な人はテクニカルに合格してる。ターンっていうと、半円と半円をつないでいくイメージだよね。でも滑り手は半円のイメージを持っちゃ絶対ダメよ。半円のイメージを持っている人は必ず、後半まで体が内側に残ってしまうので、テクニカルには絶対に合格しないよ。
    続きを読む

  6. コブで縦に滑れない!!

    コブで縦に滑るのがコワい人は、スキーを外してコブからコブに滑り降りてみよう。ブーツだとスピードが出ないから安心。コブでしゃがんだ姿勢から、右下(または左下)のコブに向かってに徐々に脚を伸ばしながら降りる。コブについたらまた脚を曲げて、今度は反対のコブに降りてみる。これを続けてると脚をどのように使えばいいか感覚がつかめるよ。
    続きを読む

  7. あなたのスキーのポテンシャルを上げよう!!

    スキースクールのレッスンを受けることは大切だと思う。でもそれだけでいいのかな?せっかくスクールに入ってもいつも同じところを注意される人っているよね。スクールに入れば先生がそこを直してくれると思ったら大間違い。重要なのは繰り返し、練習することだと思う。出来ないことが出来るようになるまで練習すること。
    続きを読む

  8. テククラ簡単合格方法

    テククラに簡単に合格する方法はありますか?ってよく聞かれるんだよね。会場によってだけど新潟県や東京都のテクニカル・クラウンプライズには毎回30~100人程度の人が受験をしていて、合格するのは10人に1人程度。少ない時は20人に1人程度。
    続きを読む

  9. クラウンプライズに合格するための板の走らせ方

    どうすれば板が走るのか?クラウンプライズ合格したきゃ、このことをしっかり考えないといけないよね。ただいい位置に乗っているだけで受かるのはテクニカルまで。次のステージに行くために考えてみて。
    続きを読む

  10. コブは縦に滑るのとバンクを滑るのでどっちが点数が出ますか?

    迷うよね?あなたはどう思う?どっちの方が点数出るかな?もちろんミスをしたり、ラインを外すのは論外なので、まずは確実に滑れる方で滑るということは最低条件だよね。その上での話ね。絶対に攻めてる方が点数は出やすいのはわかるよね。
    続きを読む

2017年10月
« 7月    
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031  

最近の記事

ページ上部へ戻る