ターンの後半エッジを外す意識はありますか?

 

 

足元からエッジを外す意識は全くないよ。

 

 

確かに「足元から動く」ってイントラいるよね。

 

でもそれって足元を動かさないとエッジが外れないってことだよね。

 

だから間違いだと思う。

 

 

すーさん理論はこう。

 

「体が谷側に落ちていく、そうすると自然とエッジは外れていく」

 

だからターンの後半にエッジを外そうとして動くことは一切しないな。

 

 

どんなスポーツも一緒だと思うけど、軸とか体幹ってとても大切でしょ。

 

軸を使わないで、足元だけでどうにかしようってのは、あまりいい運動イメージじゃないんじゃないよ。

 

 

ゴルフも野球も、サッカーも何でもそうだと思う。

 

 

ベースにしっかりした軸があって、その上で足元をどうこうするのは、うまさっていえるけど、軸がしっかりしてないのに、足元だけでどうにかしようとしたら、それは小手先のだましにしか見えないよね。

 

 

スキーでも足元より、先ずは滑りの軸をしっかり作った方が絶対にいいと思うよ。

 

特にテクニカル受験者は、足元でどうにかしようとすると、失敗するから気をつけてね。

 

 

それからテクニカルに合格している人にはクラウンを目指すためのプラス1のアドバイス。

 

 

大回りではわざとエッジが外れないように、あえてニュートラルの直前まで、エッジを立ててることはあるよ。

 

 

エッジが完全に外れている状態って、滑走面が斜面にベタの状態だからスキーはたわまないよね。

 

だからワザとギリギリまでエッジを立てるようにするの。

 

そうすることでニュートラル前ギリギリまで板がたわんで、その走りを、次のターンにつなげられるの。

 

 

結構高等テクニックでしょ。

 

 

クラウン目指してる人はやってみてね。

 

関連記事

  1. 山回りってとっても大切

  2. スキーをずらす技術

  3. 両板が外れて吹っ飛んだ

  4. 「外足主導」か「内足主導」かという議論

  5. ターンの後半外向は必要ですか?

  6. 深回りができません。どうすればいいですか?

メール購読

ブログでは書けないこと、テクニカル・クラウン合格に役立つ情報、レッスン情報などを配信
  1. どれだけ倒しこめるか?内径角の重要性

    2018.02.15

  2. 苗場で動画を撮ってもらったのでアップしますin Feb/2018

    2018.02.09

  3. 八方尾根の事前講習

    2018.01.10

  4. 両板が外れて吹っ飛んだ

    2017.12.13

  5. 板をたわます技術

    2017.12.04

  1. テクニカル・クラウンプライズテスト日程2018年度

    2017.11.20

  2. レッスンキャンプ日程(2017-2018シーズン)

    2017.10.02

  3. クラウンプライズ合格率(都道府県別クラウン)

    2017.07.17

  4. テククラ合格倶楽部参加者からのコメント

    2017.03.10

  5. テクニカルプライズ合格率(都道府県別テクニカル)

    2015.11.08

アーカイブ

2018年2月
« 1月    
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728