小回りで加点を出す方法

 

プライズテストを見てると小回りで加点を出せる人に共通点があるのがわかる。

 

これはテクニカルでもクラウンでも一緒。

 

 

検定員から見て加点つけようかなって思う滑りは、板が外に出てるってこと。

 

下は皆川賢太郎さんの小回り。

皆川賢太郎小回り

全日本スキー連盟より引用

 

上体からスキーが相当外に出てるのがわかるよね。

 

そしてこの画像ではわからないけど、上体も左右に動いて、2軸の運動が出来ている。

 

これが点数が出る滑り。

 

テクニカルを受験する人は、イントラにもっとスキーを外に出してって言われると、中回りのようなターンをしちゃう人がいるけどダメよ。

 

まずはスキーが体から離れるように練習しないとね。

 

 

このとき、一つだけ気をつけてほしいことがあって、スキーから体を離すんじゃなくて、体からスキーを離すってこと。

 

ここを間違えると、体を内側に入れちゃう滑りになっちゃうからね。

 

大回りでも小回りでも体を極端に内側に入れる滑りは減点対象だから気をつけてね。

 

 

スキーが外に出て、ターンの後半に体の下に戻ってくる。

 

この感覚をつかめるとクラウンでもいい点数が出るよ。

 

挑戦してみてね。

 

関連記事

  1. テクニカルに合格する人とテクニカルに合格しない人の違い

  2. コブで縦に滑れない!!

  3. テクニカル合格のポイント

  4. プライズ検定難易度(クラウン・テクニカル)

  5. クラウン取りたいなら、大回りは小回り用の板で、小回りは大回り用の板で練習しよう!!

  6. ターンは腰の位置で決まる

メール購読

ブログでは書けないこと、テクニカル・クラウン合格に役立つ情報、レッスン情報などを配信
  1. どれだけ倒しこめるか?内径角の重要性

    2018.02.15

  2. 苗場で動画を撮ってもらったのでアップしますin Feb/2018

    2018.02.09

  3. 八方尾根の事前講習

    2018.01.10

  4. 両板が外れて吹っ飛んだ

    2017.12.13

  5. 板をたわます技術

    2017.12.04

  1. テクニカル・クラウンプライズテスト日程2018年度

    2017.11.20

  2. レッスンキャンプ日程(2017-2018シーズン)

    2017.10.02

  3. クラウンプライズ合格率(都道府県別クラウン)

    2017.07.17

  4. テククラ合格倶楽部参加者からのコメント

    2017.03.10

  5. テクニカルプライズ合格率(都道府県別テクニカル)

    2015.11.08

アーカイブ

2018年2月
« 1月    
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728