ブログ

小回りで加点を出す方法

 

プライズテストを見てると小回りで加点を出せる人に共通点があるのがわかる。

 

これはテクニカルでもクラウンでも一緒。

 

 

検定員から見て加点つけようかなって思う滑りは、板が外に出てるってこと。

 

下は皆川賢太郎さんの小回り。

皆川賢太郎小回り

全日本スキー連盟より引用

 

上体からスキーが相当外に出てるのがわかるよね。

 

そしてこの画像ではわからないけど、上体も左右に動いて、2軸の運動が出来ている。

 

これが点数が出る滑り。

 

テクニカルを受験する人は、イントラにもっとスキーを外に出してって言われると、中回りのようなターンをしちゃう人がいるけどダメよ。

 

まずはスキーが体から離れるように練習しないとね。

 

 

このとき、一つだけ気をつけてほしいことがあって、スキーから体を離すんじゃなくて、体からスキーを離すってこと。

 

ここを間違えると、体を内側に入れちゃう滑りになっちゃうからね。

 

大回りでも小回りでも体を極端に内側に入れる滑りは減点対象だから気をつけてね。

 

 

スキーが外に出て、ターンの後半に体の下に戻ってくる。

 

この感覚をつかめるとクラウンでもいい点数が出るよ。

 

挑戦してみてね。

 

関連記事

Powered by テククラ合格倶楽部
2017年10月
« 7月    
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031  

最近の記事

ページ上部へ戻る