スキーグラフィック2016年2月号にテクニカル・クラウンを目指す人にぜひ読んでもらいたい記事

 

スキーグラフィック2016年2月号は読んだかな?

 

 

テクニカル・クラウンの合格を目指している人に絶対に読んでほしい記事があったから紹介するね。

 

 

それは「夢のテクニック対談!柏木義之× 藤井守之」って特集。

 

テクニカルとかクラウンを受ける人のほとんどって言われたことをやれば受かるって思ってるんだよね。

 

でもそんな風に思ってる人ってクラウンはもちろんテクニカルもなかなか受からない。

 

確かに言われたことをやるのは大切。

 

でも言われたことをやってるだけだと、うまくはならない。

 

 

じゃあ受かる人ってどんな人かっていうと、考える人。

 

ほとんどのテクニカル受験者は、言われたことしかしないし、言われた通りに滑る。

 

 

自分で考えるのを放棄した人は絶対に受からないよ。

 

 

すーさんがいつもレッスンで言っていること。

 

それがスキーグラフィック2016年2月号の柏木義之さんと 藤井守之さんの対談の中で語られていたの。

 

 

トップデモが何を考えて滑っているのか、ぜひ参考にしてね。

 

 

レッスンをして思うことは、どんな斜面でも同じ滑り方しかしない人があまりにも多い、ってこと。

 

結果として、スピードが出なかったり、逆に暴走してしまう、ってこと。

 

滑りは一通りじゃないし、一辺倒の滑りしか出来ない人は、テクニカルには合格できてもクラウンに合格するのは難しい。

 

 

クラウンを受験している人の中にも結構いるんだよね。

 

77、78を出す人は一辺倒の滑りしか出来ない人だと思うよ。

 

 

厳しい言い方だけど、こういう人はまずクラウンには受からない。

 

 

テクニカル・クラウンに合格したいなら、ぜひ「夢のテクニック対談!柏木義之× 藤井守之」を読んでみて。

 

 

そして、考えて滑るクセをつけなきゃね。

 

関連記事

  1. テクニカル合格に絶対必要な曲げ荷重。その曲げ荷重合ってますか?

  2. コブで縦に滑れない!!

  3. アトミックチームのデモ「水落亮太」「松沢寿」さんたちの滑り

  4. クラウンのコブで加点を取る秘訣

  5. テクニカルに合格する人とテクニカルに合格しない人の違い

  6. テクニカル合格のポイント

メール購読

ブログでは書けないこと、テクニカル・クラウン合格に役立つ情報、レッスン情報などを配信
  1. どれだけ倒しこめるか?内径角の重要性

    2018.02.15

  2. 苗場で動画を撮ってもらったのでアップしますin Feb/2018

    2018.02.09

  3. 八方尾根の事前講習

    2018.01.10

  4. 両板が外れて吹っ飛んだ

    2017.12.13

  5. 板をたわます技術

    2017.12.04

  1. テクニカル・クラウンプライズテスト日程2018年度

    2017.11.20

  2. レッスンキャンプ日程(2017-2018シーズン)

    2017.10.02

  3. クラウンプライズ合格率(都道府県別クラウン)

    2017.07.17

  4. テククラ合格倶楽部参加者からのコメント

    2017.03.10

  5. テクニカルプライズ合格率(都道府県別テクニカル)

    2015.11.08

アーカイブ

2018年2月
« 1月    
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728