スキー

  1. もしもすーさんがR>35に乗ったら

    今シーズンの初めにR=30のスキーをネットで買ったよ。この板を乗りこなせればきっとうまくなると思って練習用に、ご購入!!1日目はR=30は難しい~と思いながら滑ったよ。でもどうにか乗りこなせたので満足。その後、またスキーに行くのに車に板を乗せるとき嫌な数字を見てしまった。
    続きを読む

  2. 谷回りで爪先側に乗るべきか?それともカカト側に乗るべきか?

    これって難題だよ。人によって違うからね。オーソドックスな考え方は、ターン前半、爪先側に乗って、ターンの後半はカカト側だよね。吉岡大輔さんとか、丸山貴雄さんはやっぱこのスタンスをくずしていない。ってか、ほとんどの人が、ターン前半は前側をたわませて、後半は後ろをたわませる滑りをしてるからね。
    続きを読む

  3. スキーをずらす技術

    テクニカルに合格するにはずらす技術はとても重要。なかなか上手にずらせない人は、急斜面で、落とされてエッジングが山回りに集中しすぎたり、オーバースピードで減点されたりしてるよね。これはね、エッジの角度と体が進む方向が合っていないから。テクニカル受験者に多いのが、ターンの切り替え後に体を谷方向に落としすぎて、エッジに乗って滑っちゃう失敗。
    続きを読む

  4. スキーは落下するスポーツ

    スキーは斜面を落下していくスポーツ。だからどの場面でも重心は落下方向に移動していかないといけない。山回りでも、谷回りでも、切り替えでも、フォールラインでも、常に体が谷に落ちていくことが大切。一連の滑りの中で体が谷側に落ちていかない場面があるなら、スキーには必要のない余計な運動をしてるってこと。
    続きを読む

  5. スキーで迷っている君へ

    色んなスクールや先生に教わると迷いが生じることってあるよね。言ってる事が全然違ったりするからね。どっちが正しいのかわかんなくなっちゃうよね。君にはこんな迷いを吹き飛ばして欲しい。なぜなら、滑り方って人によって全然違うんだよね。
    続きを読む

2017年10月
« 7月    
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031  

最近の記事

ページ上部へ戻る