テクニカル

  1. 【埼玉県】クラウン・テクニカル、プライズテスト日程2018

    埼玉県テクニカル・クラウンプライズ検定日程1/6・7・8戸隠3/3・4鹿沢3/24・25神立...
    続きを読む

  2. 【新潟県】クラウン・テクニカル、プライズテスト日程2018

    新潟県テクニカルプライズ検定日程2/2・3上越国際2/10・11胎内2/17・18糸魚川2/24・25石打丸山3/3・4八海山3/3・4赤倉観光3/10・11妙高杉の原3/17・18関温泉3/24・25岩原4/7・8奥只見4/21・22シャルマン火打新潟県クラウンプライズ検定日程2/24・25石打丸山3/3・4赤倉観光3/...
    続きを読む

  3. クラウン・テクニカル、プライズテスト日程2016/2017

    【長野県】クラウン・テクニカル、プライズテスト日程→ テクニカル・クラウンに本気で合格したい方のためのレッスン1/8,9八方尾根1/14,15栂池1/28,29黒姫1/28,29富士見パノラマ2/4,5八方尾根2/4,5戸狩2/4,5駒ヶ根2/11,12栂池...
    続きを読む

  4. テクニカルに1名合格しました。

    受講いただいた方から先週末テクニカルに合格したのと報告がありました!!これで2016年シーズンはテクニカル合格者3人目になります。今年は雪も少ないですが、まだまだこれからスキーマニアのシーズン。今年のテクニカルを目指す人も来年のテクニカルを目指す人もしっかり滑り込みましょう。
    続きを読む

  5. 技術選のあとのプライズ検定は難易度が上がるらしい

    しっかり練習して、シーズンの最後にテククラを受けようと思ってる人は多いと思う。でも受ける前に、要注意!!実は技術選のあとはプライズテストの難易度が上がるって話。検定員の多くは技術選に出ていたり、サポートに行ったり、観戦に行ったりする。もちろん技術選で滑っている人は日本でトップレベルの人ばかり。
    続きを読む

  6. 八方尾根のテククラはキビシ~

    テククラ合格倶楽部でレッスンを受けていただいた方3名が2016・3・21の八方尾根のテクニカルとクラウンに挑戦。結果は残念ながら惨敗。県連から2人の検定員が派遣されるようになった今でも、八方は相当難しいらしい。特に不整地は相当難しいバーン設定らしく、75,80もほとんど出ない状態だったとか。
    続きを読む

  7. 鹿沢スノーエリアのプライズ検定は加点がすごい!!

    鹿沢の最後のプライズ検定はいつも、テクニカル技術選大会と一緒に行われるらしい。普通のプライズ検定の加点はかなり控えめ。でもここは違う!!!相当加点が出るらしい。たとえばここでクラウンを受けた友達は7点加点で合格。やっぱり技術選大会だから、ちゃんと点数出さないわけにはいかないからね。
    続きを読む

  8. テクニカル合格者2名出ました。

    先日2名の方からテクニカル合格の連絡をいただきましたよ。2名とも加点を出しての合格ということでとてもうれしい (≧∇≦)ノ彡これもひとえに僕の力。ではなく、本人たちの実力!!テクニカルもクラウンも、徐々にだけどなんとなく年々難しくなってるよね。だから取るなら早めに合格することがお勧め。
    続きを読む

  9. クラウンレベルとテクニカルレベルの違い

    すーさんがいつも言ってことだけど、いいポジションに乗ってることってとっても重要なの。正直、ポジションさえ本当に良ければテクニカルもクラウンも受かると思うよ。でもそう言うと、「じゃあどこが違うんですか?」って聞かれるから、今日はそこら辺を教えちゃうね。クラウンとテクニカルのレベルの違いは箇条書きにするとこんなところ。
    続きを読む

  10. クラウン取りたいなら、大回りは小回り用の板で、小回りは大回り用の板で練習しよう!!

    テクニカルに合格したい人もクラウンに合格したい人も「ターンの後半に板をたわませたい」って思ってると思う。どうしてもスキーの圧を感じられない、スキーがたわまないって思っているテククラ受験者は本当に多いからね。でもね、実は大回りの板はたわみを感じづらいって知ってた?Rが大きいから、しっかり倒せないとたわみを感じにくいんだよね。
    続きを読む

  11. ターンは腰の位置で決まる

    細かいところを気にすればキリがないし、テクニカルを受けるのに細かいところを気にしてもしようがない。大切なことはただ一つ、腰のポジションここだけしっかりしてればテクニカルは受かる。スキーって、単純なスポーツだよね。落下してって、その中できれいなターン孤を描ければいい。
    続きを読む

  12. スキーグラフィック2016年2月号にテクニカル・クラウンを目指す人にぜひ読んでもらいたい記事

    スキーグラフィック2016年2月号は読んだかな?テクニカル・クラウンの合格を目指している人に絶対に読んでほしい記事があったから紹介するね。それは「夢のテクニック対談!柏木義之× 藤井守之」って特集。テクニカルとかクラウンを受ける人のほとんどって言われたことをやれば受かるって思ってるんだよね。
    続きを読む

  13. 東京都連SAT防衛省主催の菅平テクニカル・クラウンプライズの検定バーン

    菅平で行われるSAT(防衛省)のテクニカル・クラウンプライズの使用検定バーンはここ整地種目はすべて、表太郎ゲレンデの太郎コース。不正地種目は佐太郎(裏太郎チャレンジコース)を使用。佐太郎はコブって感じじゃなくてガチガチの時が多いので、難易度高いと思うよ。整地は表太郎を下から見て右半分を使ってるみたい。ここも難関。
    続きを読む

  14. 小回りで加点を出す方法

    プライズテストを見てると小回りで加点を出せる人に共通点があるのがわかる。これはテクニカルでもクラウンでも一緒。検定員から見て加点つけようかなって思う滑りは、板が外に出てるってこと。下は皆川賢太郎さんの小回り。全日本スキー連盟より引用上体からスキーが相当外に出てるのがわかるよね。
    続きを読む

  15. テクニカルプライズ合格率(都道府県別テクニカル)

    テクニカルプライズ都道府県別合格率(平成26年度)スキーグラフィックに気になる情報が載ってたよ。テクニカルプライズの合格者数と合格率。2015年4月号のスキーグラフィックを引用させていただきます。平均合格率は12.7%。8人に1人が受かってるね。
    続きを読む

  16. ターンの後半エッジを外す意識はありますか?

    足元からエッジを外す意識は全くないよ。確かに「足元から動く」ってイントラいるよね。でもそれって足元を動かさないとエッジが外れないってことだよね。だから間違いだと思う。すーさん理論はこう。
    続きを読む

2017年10月
« 7月    
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031  

最近の記事

ページ上部へ戻る