谷回りで爪先側に乗るべきか?それともカカト側に乗るべきか?

 

これって難題だよ。

 

 

人によって違うからね。

 

オーソドックスな考え方は、ターン前半、爪先側に乗って、ターンの後半はカカト側だよね。

 

吉岡大輔さんとか、丸山貴雄さんはやっぱこのスタンスをくずしていない。

 

ってか、ほとんどの人が、ターン前半は前側をたわませて、後半は後ろをたわませる滑りをしてるからね。

 

 

ただ一人大物デモスキーヤーは違う滑りをしているらしい。

 

 

それは、、、柏木義之さん。

 

 

柏木義之さんいわく、ターンの前半はカカト側に乗っているとのこと。

 

 

じゃあどこで、前側に乗っているのかということ、エッジングの圧が一番かかるところ。この一点で前側に乗っているらしい。

 

だからその後はターンの後半もカカト側に乗っている。

 

 

これって、今までのスキー界からしたら革命的な考えだよね。

 

今後どっちが主流になるかわからないけど、僕は現時点で技術的には柏木義之さんがNo.1だと思うので、柏木スタイルで滑るよ。

 

 

テクニカルとかクラウン受ける人は、オーソドックスな「ターン前半爪先側、後半カカト側」の方がいいかもね。

 

 

どっちの滑りでもうまければプライズテストは受かるのでご安心を。

 

 

スキーの基本は「傾きを作ること」「スキーをたわますこと」「ずらすこと」。

 

 

テクニカルプライズを受ける人はこの3つをしっかりできるようにしよう。

 

この3つがしっかりできるなら、カカト乗りでも前乗りでも問題ないよ。

 

 

クラウンプライズを受ける人はどこに乗れば板が走るのかを探求していけば、ターンの要所要所でどこに乗っているのがいいか見えてくるよね。

関連記事

  1. スキーは落下するスポーツ

  2. 板をたわます技術

  3. ターンの質を上げるコツ

  4. 前を使う水落亮太、後ろを使う柏木義之

  5. スキーをずらす技術

  6. 金子あゆみさんから聞いた話

メール購読

ブログでは書けないこと、テクニカル・クラウン合格に役立つ情報、レッスン情報などを配信
  1. どれだけ倒しこめるか?内径角の重要性

    2018.02.15

  2. 苗場で動画を撮ってもらったのでアップしますin Feb/2018

    2018.02.09

  3. 八方尾根の事前講習

    2018.01.10

  4. 両板が外れて吹っ飛んだ

    2017.12.13

  5. 板をたわます技術

    2017.12.04

  1. テクニカル・クラウンプライズテスト日程2018年度

    2017.11.20

  2. レッスンキャンプ日程(2017-2018シーズン)

    2017.10.02

  3. クラウンプライズ合格率(都道府県別クラウン)

    2017.07.17

  4. テククラ合格倶楽部参加者からのコメント

    2017.03.10

  5. テクニカルプライズ合格率(都道府県別テクニカル)

    2015.11.08

アーカイブ

2018年6月
« 2月    
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930