重要なのは谷回りではなく山回り

最近SAJでよく言っている「谷回りでの早い捉え」。

この言葉を受けて、最近谷回りで頑張りすぎている残念な滑りの人が急増してる( ;∀;)

谷回りでいくら頑張っても手遅れだよ。

基礎スキー(テクニカル・クラウン)は、流れるように滑らないと評価されない。

当たり前だけど谷回りから山回りは、一つのターンの中でつながっている部分だから誰でも流れるように滑れる。

でも山回りから谷回りは別の2つのターンが交わるところだから流れるように見せるのが難しい。

この山回りから谷回りを流れるように滑る(見せる)には、谷回りじゃなくて、山回りの方が重要になってくるんだよね。

山回りでしっかり準備して谷回りに入るから、「谷回りでの早い捉え」が可能になる。

でも残念な滑りをしてる人って、切り替えた後から何とかして「谷回りでの早い捉え」を実現しようとする。

だから、流れのない、無駄な動きが多い滑りになっちゃう。

重要なのは谷回りではなく、山回り

関連記事

TOP