母校明治学院のスキー教室に行ってきました。

12月21日~24日まで毎年恒例の明治学院スキー教室に、OBコーチとして参加。

去年同様、雪が少なく、滑れるコースも少なめ。
子供にはいろんなコースを滑らせたかったのでとても残念。

そんな中、ちょいちょい講習をしてきました。

プルークボーゲンの生徒に何を教えるのかっていうと、
板に重さを乗せれば、スキーはたわんでターンをしてくれるってこと。

それから、上体を使って自分からターンをしようとしないってこと。

もちろん難しい説明は一切抜きにして、こうしてみてって感じでやってもらうだけ。

子供は素直だから、結構すぐ出来るようになっちゃうんだよね。

そうすると板もなんとなく平行になってくる。
子供ってすごい!!!

で、本題。

子供の適応能力云々を伝えたくて、今日のブログを書いている訳ではないのよ。

さっき言った、子供に教えたこと、何だったか覚えてる???

①板に重さを乗せれば、スキーはたわんでターンをしてくれる
②上体を使って自分からターンをしようとしない

これってまさか、、、

と思った人は鋭い。

テクニカルを取りたい人に教えていることと、とても共通してんだよね。

テクニカルに合格できない人はスキーをたわますことがヘタ。
そして上体で弧を描こうとするから、ターンの最後まで内側を向いてしまい、山側に重心が残ってしまう。

板はたわまない、体は落ちてこない、残念な滑り。

心当たりのある人、多いんじゃないのかな。

初級者も上級者も重要なところは同じ。

「自分がターンを作るのではなく、スキーがターンを作る」

そんなイメージで滑れるようになったら、テクニカルもクラウンも合格が近いと思うよ。

関連記事

  1. ターンの質を上げるコツ

  2. スキーをずらす技術

  3. ターンの後半エッジを外す意識はありますか?

  4. 谷回りで爪先側に乗るべきか?それともカカト側に乗るべきか?

  5. 山回りってとっても大切

  6. スキーで迷っている君へ

メール購読

ブログでは書けないこと、テクニカル・クラウン合格に役立つ情報、レッスン情報などを配信
  1. どれだけ倒しこめるか?内径角の重要性

    2018.02.15

  2. 苗場で動画を撮ってもらったのでアップしますin Feb/2018

    2018.02.09

  3. 八方尾根の事前講習

    2018.01.10

  4. 両板が外れて吹っ飛んだ

    2017.12.13

  5. 板をたわます技術

    2017.12.04

  1. テクニカル・クラウンプライズテスト日程2018年度

    2017.11.20

  2. レッスンキャンプ日程(2017-2018シーズン)

    2017.10.02

  3. クラウンプライズ合格率(都道府県別クラウン)

    2017.07.17

  4. テククラ合格倶楽部参加者からのコメント

    2017.03.10

  5. テクニカルプライズ合格率(都道府県別テクニカル)

    2015.11.08

アーカイブ

2018年6月
« 2月    
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930