スキーで迷っている君へ

 

色んなスクールや先生に教わると迷いが生じることってあるよね。

 

言ってる事が全然違ったりするからね。

 

どっちが正しいのかわかんなくなっちゃうよね。

 

 

君にはこんな迷いを吹き飛ばして欲しい。

 

なぜなら、滑り方って人によって全然違うんだよね。

 

2015年技術選で同点優勝だった柏木義之さんと丸山貴雄さんの滑りを見比べればわかるけど全然違う滑りしてるよね。

 

 

柏木義之さんはターンの前半はスキーの後ろ側に乗ってるのに対し、丸山貴雄さんは前側に乗ってる。

 

正反対の動きをしてるのに、二人とも超点数出るし、トップになるんだから。

 

 

重要なことって、前に乗るとか後ろに乗るとか、谷側に体を落とすとかってことじゃないんだよね。

 

スキーの本質は、「板を傾けること(傾きを戻すこと)」「板をたわますこと」、あとは「板をズラすこと」なんだよ。

 

 

トップデモはどうしたらスキーが仕事をしてくれるかを常に考えて動いてるの。

 

そこが一番重要なの。

 

だからターンの前半に前に乗ろうが後ろに乗ろうが関係ないワケ。

 

 

自分がこうしたらスキーが一番仕事をしてくれるって思ってそこにポジションを持っていくの。

 

 

スクールでは先生はどう動けとしか教えてくれないけど、どう動くかに正解はないのよ。

 

ぶっちゃけ、板がしっかりたわんで走ってくれれば、OK。

 

上体の動きだけを指摘され、上っ面だけ直そうとすると絶対上手くならないから。

 

そんなわけで、あまり迷わないようにしてね。

 

 

スキーの本質は何だっけ?

 

さっき言ったよね。

 

 

どうしたらスキーが傾くのか、どうしたらスキーがたわむのか、どうしたらスキーがズレるのか。

 

この点を自分でしっかり考えるようにしよう。

 

 

ちょっと難しい話になっちゃったけど、重要なのは体を動かすことじゃなくて、板をたわますことだったり、傾きだってことは理解してもらえたかな。

 

関連記事

  1. 金子あゆみさんから聞いた話

  2. 板をたわます技術

  3. 「外足主導」か「内足主導」かという議論

  4. 前を使う水落亮太、後ろを使う柏木義之

  5. アトミックの試乗会に行ってきたよ。

  6. 母校明治学院のスキー教室に行ってきました。

メール購読

ブログでは書けないこと、テクニカル・クラウン合格に役立つ情報、レッスン情報などを配信
  1. どれだけ倒しこめるか?内径角の重要性

    2018.02.15

  2. 苗場で動画を撮ってもらったのでアップしますin Feb/2018

    2018.02.09

  3. 八方尾根の事前講習

    2018.01.10

  4. 両板が外れて吹っ飛んだ

    2017.12.13

  5. 板をたわます技術

    2017.12.04

  1. テクニカル・クラウンプライズテスト日程2018年度

    2017.11.20

  2. レッスンキャンプ日程(2017-2018シーズン)

    2017.10.02

  3. クラウンプライズ合格率(都道府県別クラウン)

    2017.07.17

  4. テククラ合格倶楽部参加者からのコメント

    2017.03.10

  5. テクニカルプライズ合格率(都道府県別テクニカル)

    2015.11.08

アーカイブ

2018年6月
« 2月    
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930