スキーと関係ない話

継続あるのみ!

テクニカル・クラウンへの道は、人によっては、険しく長い道。

でも続けた人だけが手に入れられる高み。

僕はテクニカルを目指して5年間、検定を受けるたびに何度も、嫌になって止めようとも思った。

それでもめげずに続けたおかげで、クラウンを手に入れ、今では他の人がテクニカル・クラウンに合格できることを手助けしている。

一生懸命スキーに取り組む仲間ができ、週末まで充実した人生を送れている。

朝ドラ「カムカムエヴリバディ」でのワンシーン。

「英語の勉強、これからも続けてください。きっと、あなたをどこか思いも寄らない場所まで連れていってくれますよ」

僕は20代のころスキーを担いで一人で、海外に滑りに行った。

ニュージーランド、カナダ、フランス、スイス。

いろいろな出会いがあったし、たくさんの経験をした。

今では仲間がテクニカル・クラウンに合格するのを手助けしている。

スキーが僕の人生を豊かにしてくれている。

関連記事

TOP