大雨で新車が水没。あいおいとSBI損保の払い渋りがヤバい!自動車保険見直しの勧め

8月27日の豪雨で新車が水没してしまいました。

新車でレガシーを買って、5月末に納車されてきました。

レガシーでスキーに行くのを楽しみにしていました。

それなのに、たった3ヶ月で、300㎞しか乗ってないのに、練馬で降った豪雨で、My new レガシーが水没してしまいました(ノTДT)ノ

ディーラーからは全損になると太鼓判を押してもらって、保険が下りると思っていました。

しかし、さっきディーラーから連絡があり、保険会社が支払いを渋っていると報告を受けてしまいました。

エンジンがかかるから全損ではないそうです。電気系統水浸し、エンジンを止めても止まらない、パワステ効かない、サイドブレーキ故障、ABS故障、その他多数故障なのに。

しかも修理見積もりを出したら、「その交換は必要ない」「中古の部品を使え」と、ディーラーに言ってきているようです。

安いからという理由で、SBI損保を使っていたのですが、安いには安いなりの「払い渋り」という理由があったのです。

ネット保険が安いのは、人件費やオフィスなどの固定費がかからないからだと思っていたのですが、それだけではありませんでした。

「保険をかけても下りない」「払い渋り」「中古部品で修理させようとする」など、「ネット保険が安い裏の理由」があることを初めて知りました。

高い勉強代になりそうです。無知は大きな代償につながってしまいました。

他のネット保険はわかりませんが、たぶん似たようなものだと思います。ディーラーの方は「ネット保険だから」ど言っていました。

いずれにせよSBI損保の対応はヤバすぎます。

今回は水没なので、自分にケガもなければ、人身でもないし、他人に迷惑をかけなかったので良かったです。

でも万一人身をして、「払い渋り」をされたら、ヤバいです。

みなさんも安いという理由だけでネット保険を選んでいるといざというとき下りない、使えない保険かもしれませんので気を付けてください。

特に僕たちスキーヤーは雪道、山道を走るので、保険はケチらない方がいいかもしれません。

保険がどれだけ下りたのかは、後日、結果が出たらまた追記します。

追記

SBI損保の元請けはあいおいニッセイ同和損保だそうです。ディーラは200万円以上修理費がかかると言っているのに、あいおいが出した見積もりは30万円でした。しかも正当な金額だと言い張ってます。あいおいとSBI損保の払い渋りはとにかくヤバいです(TдT)

水没から1ヶ月半が経ちました。まだSBI損保の払い渋りは続いています。時間かかりすぎです。10日前に担当の仙台第3センターの佐藤歩さんから「状況をあいおいに確認して報告します」と言われたのですが、10日経っても連絡がありません(TдT)

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

関連記事一覧

最新記事