どこの検定会場がいい?

最近特定の会場について言及したり、おすすめしないようにしている。

前にいくつか「ここが簡単だよ」的に記事に書いたら、見事に書いた会場すべてがその次の年から、採点が辛くなった。

例えば東京都連の小平主催の菅平の検定。

テククラ合格倶楽部生にも「簡単だよ!」って言いふらして、記事に書いた翌年に、指摘だか指導が入ったようで、「今年から厳しくします」と総評で言ったらしい。

そんなことが3回ほどあったので、今ではもう書かないと決めた。

じゃあどこで受けたらいいか。

どこが簡単かとかじゃなくて、考え方を教えるね。

結論から言うと、僕は新潟県連を一番おすすめしている。

2番目は東京都連。

多くの県連は、スクールが主催していて、スクールの意向というか流れを汲んだ評価のされ方をする。

だからスクール主催の検定会場ではスクールまたは県連の色が強く出てしまう。

これに惑わされ、苦しんでいる人をたくさん見てきた。

今ではそんなことはないと思う(希望的観測)けど、富士見パノラマなどは、以前は、上納金を納めた人つまりレッスンをたくさん取った人か、所属イントラしか受からなかったという話。

白馬はその場で点数を出すけど、結局主任検定員の言った点数になるとか。

真意のほどはわからないけど、事実だと思う。

証拠に以前は検定員がみなスクール関係者だったけど、いつの年からか、外部からも検定員を入れるルールになった。

つまり、100%スクールに任せるのは何か問題があったということ。

会場によって合格水準にとてもムラがあったし、忖度もあり、公平性がなさすぎるから、公平に見せるためにそうなった。

でもスクール主催のプライズ検定はいまだにスクールの影響力が強いことは間違いないと思う。

八方尾根ではいまだ他の会場と比べ圧倒的に採点が厳しいと言われている。

そして長野県連もSAJもそれを黙認している。

このような現実を踏まえて、「どこの検定会場がいいか?」そして「どうして新潟県連を一番におすすめするのか?」という本題。

理由は単純で、新潟県連は検定員がナショナルデモのことが多いから。

ナショナルデモは、スクールや県連の意向を汲むことなく採点してくれる。

つまりうまければいい点数を付けてくれるし、下手であれば下の点数もしっかりつけてくる。

新潟の検定会場では、テクニカルの検定で79点とか68点が付いているのを見たこともある。

一番正当に評価してくれるのが、新潟県連だと思う。

もちろん検定員のデモによって個人差は出るけど、日本のトップ選手がその人の観点で評価してくれるのだから、文句も言えない。

事前講習もナショナルデモから教えてもらえれば最高だし。

なぜ新潟県連のプライズテストはそんなにデモを投入できるかというと、県連が主催していることと、ナショデモが多いため。

2番目におすすめした東京都連は、やはりナショナルデモとかSAJデモが検定員のことが多いから。

他の県連でもナショデモが検定員の会場はあるかもしれないので、そういうところを探して、実力通りの評価をしてもらって、合格を勝ち取ろう!!

【PS】簡単なところはどこか探すなんてせこいことはやめよう。そんな暇があったら、自分の腕を上げることに時間を使おうよ(*’▽’)

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

関連記事一覧

最新記事