前を使う水落亮太、後ろを使う柏木義之

先月のスキーグラフィックと今月のスキーグラフィックを読んで思ったこと。

柏木義之は「ターンの始動で、足首を緩め、脛の圧もかけず、足を伸ばす」らしい。

つまり、柏木義之はターンの前半後ろ乗りをしているのだと思う。

普通、レッスンを受けると、「前半前に乗って~、後半後ろに乗って~」って教わると思うけど、柏木義之は全く反対を行っているんだよね。

それに対して、水落亮太。

彼は「ターン中、常に足首と入れて、脛の圧をかけている」らしい。

ターンの始動でも足首と脛に圧がかかってる状態で、柏木義之とは正反対。

ふたりの滑りを比べると、柏木義之はターン始動で高い位置に、水落亮太は常に低いポジションで滑ってるように見える。

水落亮太はどちらかというと常に足首、膝を曲げている状態で滑ってるんじゃないかな。

だから常に小さく見える。

ターンスピードは水落亮太の方が上なのに、柏木義之の方が点数が出ることが多いのは、ここら辺の表現の違いが影響しているんだと思う。

結果はどうあれ、ふたりとも自分のスキーに対する考え方を基に滑りを構築しているので、どちらがいいとか悪いとかではないと思う。

これからテクニカルやクラウンを取ろうとしている人はこういう話を聞くと、「どっちが正しいの?」「どっちの方がいいの?」と質問してくるけど、自分がいいと思う方で滑ればいいと思う。

ひとつだけアドバイスするとすれば、両方試してみて「しっかり板をたわませられる」「スキーが走る」と感じる方を選びなさいということ。

水落亮太も柏木義之も280点出すわけだし、「しっかりスキーがたわんで、しっかりスキーが走れば」テクニカルでもクラウンでも間違いなく合格するから。

関連記事

  1. スキーは落下するスポーツ

  2. ターンの後半エッジを外す意識はありますか?

  3. スキーで迷っている君へ

  4. 両板が外れて吹っ飛んだ

  5. アトミックの試乗会に行ってきたよ。

  6. スキーをずらす技術

メール購読

ブログでは書けないこと、テクニカル・クラウン合格に役立つ情報、レッスン情報などを配信
  1. どれだけ倒しこめるか?内径角の重要性

    2018.02.15

  2. 苗場で動画を撮ってもらったのでアップしますin Feb/2018

    2018.02.09

  3. 八方尾根の事前講習

    2018.01.10

  4. 両板が外れて吹っ飛んだ

    2017.12.13

  5. 板をたわます技術

    2017.12.04

  1. テクニカル・クラウンプライズテスト日程2018年度

    2017.11.20

  2. レッスンキャンプ日程(2017-2018シーズン)

    2017.10.02

  3. クラウンプライズ合格率(都道府県別クラウン)

    2017.07.17

  4. テククラ合格倶楽部参加者からのコメント

    2017.03.10

  5. テクニカルプライズ合格率(都道府県別テクニカル)

    2015.11.08

アーカイブ

2018年7月
« 2月    
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031