ターンは腰の位置で決まる

 

細かいところを気にすればキリがないし、テクニカルを受けるのに細かいところを気にしてもしようがない。

 

大切なことはただ一つ、

 

腰のポジション

 

ここだけしっかりしてればテクニカルは受かる。

 

 

スキーって、単純なスポーツだよね。

 

落下してって、その中できれいなターン孤を描ければいい。

 

 

そしてきれいにターン孤を描くための秘訣は、腰の位置。

 

板と腰の位置がいい関係にあるときれいなターンになるし、位置関係が悪いときれいに見えなくなる。

 

 

すごいシンプルでしょ。

 

 

スキースクールに入ると難しいこと教わるよね。

 

谷回りが何チャラとか、外向がどうこうとか。

 

 

そういう細かいことは腰のポジションしっかりマスターしてから、考えればいいこと。

 

腰の位置が悪いのに他のことを一生懸命やってもテクニカルは受からないよ。

 

切り替えてから腰とスキーが徐々に離れていって、ターン後半離れた腰が板に近づいていく。

 

ここを滑らかに見せられれば、テクニカルは楽に受かると思う。

 

 

もちろん他の部分に変な癖があるとだめだけど。

 

でも変な癖って、だいたいが、腰のポジションが悪いから出てくるんだよね。

 

 

腰が外れてると、板に重さを乗せられないんだよ。

 

だから板は走らなくなるし、下から見てるとスキーに乗せられてるだけのように見えるわけ。

 

スキースクールに入ればいろいろなことを注意されると思うけど、まずは腰の位置が正しい位置にあるかを注意してみて。

 

動画を撮って、1コマずつチェックすれば、どこで腰のポジションが悪いのかわかるから。

 

 

そこを修正していけばテクニカルは簡単に合格できるからね。

 

 

関連記事

  1. コブで縦に滑れない!!

  2. クラウン取りたいなら、大回りは小回り用の板で、小回りは大回り用の板で練習しよう!!

  3. 小回りで加点を出す方法

  4. コブは縦に滑るのとバンクを滑るのでどっちが点数が出ますか?

  5. テクニカル合格に絶対必要な曲げ荷重。その曲げ荷重合ってますか?

  6. プライズ検定難易度(クラウン・テクニカル)

メール購読

ブログでは書けないこと、テクニカル・クラウン合格に役立つ情報、レッスン情報などを配信
  1. どれだけ倒しこめるか?内径角の重要性

    2018.02.15

  2. 苗場で動画を撮ってもらったのでアップしますin Feb/2018

    2018.02.09

  3. 八方尾根の事前講習

    2018.01.10

  4. 両板が外れて吹っ飛んだ

    2017.12.13

  5. 板をたわます技術

    2017.12.04

  1. テクニカル・クラウンプライズテスト日程2018年度

    2017.11.20

  2. レッスンキャンプ日程(2017-2018シーズン)

    2017.10.02

  3. クラウンプライズ合格率(都道府県別クラウン)

    2017.07.17

  4. テククラ合格倶楽部参加者からのコメント

    2017.03.10

  5. テクニカルプライズ合格率(都道府県別テクニカル)

    2015.11.08

アーカイブ

2018年6月
« 2月    
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930