深回りができません。どうすればいいですか?

 

「深回りができません」「内傾角を出せません」「板から体が離れません」などの悩みをよくもらう。

 

板の近くに乗ってしまうと、どうしても1級レベルのターンしかできないよね。

 

テクニカル・クラウンを取りたい人は、体の傾きをしっかり出せないとだめ。

 

 

じゃあどうして傾きを出せないのか?

 

 

まず傾きを出せない人は切り替えに問題アリと思って間違いない。

 

切り替えるときにスキーの進む方向と体の進む方向を同じにしちゃう。

 

 

スキーが進む方向に体も移動したら、いつまでたっても板と体は離れていかないよね。

 

こんなこと当たり前と思うかもしれないけど、結構みんなやってるよ。

 

 

ニュートラルでスキーと体が正対する人はだいたいこの症状。

 

これやっちゃうと、ずっと倒しこめずにターンが終わっちゃう。

 

 

じゃあどうすればいいかっていうと、切り替えのときに「体が落ちる方向とスキーが進む方向を変えればいい」。

 

大げさに言うと、板は山側に体は谷側に。

 

こんなイメージで切り替えるとスキーから体が離れていって、勝手に傾きが出てくる。

 

 

大切なのは切り替えでスキーと体の軌道をクロスさせること。

 

ここは相当大切なところ。

 

倒しこめない、深回りできない、内傾角が出ないって人は試してみて。

 

 

テクニカルを持ってる人でも倒しこみの弱い人が結構多い。

 

クラウンを取るにはここを表現できないと難しいから、しっかり練習しよう。

 

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

関連記事一覧

最新記事