テクニカルに合格するための腰の高さ

 

レッスンで、「腰が高い」とか、逆に「もっと腰高にして」とか言われることあるでしょ?

 

 

反対のことを言われちゃうと大変だよね。

 

どっちが正しいのかわからないし、どうすればいいのわからなくなっちゃう。

 

そこで今日は腰の高さについて勉強してもらえればと思う。

 

 

君はどっちが正しいと思う?

 

腰は高くすればいいの?それとも低くすればいいの?

 

 

実は両方正しいし、両方しないといけないんだよね。

 

クラウン受験者はここら辺を理解しているから、問題ないと思うけど、テクニカル検定受けてる人は、ほとんど理解できてなくて、間違ったことやってるよね。

 

テクニカルに合格できない人はほとんどみんな、最初から最後まで足の長さが一緒なの。

 

ずっと短いままだったり、逆にずっと長いまま降りてきちゃう。

 

 

何がいけないのかっていうと、足はバネみたいに使わないといけなくて、ターンの局面で足が長くなっているところと、短くなっているところがないといけないの。

 

 

レッスンで腰が高いって言われたら、普通、ずっと低くして滑っちゃうよね。

 

でもこれは間違えで、その先生の教え方が足らないんだよね。

 

君のせいじゃないよ。先生の教え方が悪いの。

 

 

それで、正しい説明はこういうこと。

 

ターンの後半で徐々に腰が低くなっていって(足が短くなっていく)、ターンの前半で腰が高くなって(足が伸びて)いくの。

 

言葉だけでは説明がとても難しいけど、1ターンの中で、腰が高い局面と、低い局面の両方が見えないとテクニカルは受からないよってこと。

 

 

だから、もっと腰低くって言われて、低いまま滑ったり、腰高にしてって言われて高いままで滑ったりしないようにね。

 

 

それから柏木義之さんはよく、膝が90度が目安って言ってるよ。

 

腰が一番低い局面でそのぐらい膝曲げないといけないってこと。

 

 

テクニカルプライズ受けてる人は大体120~140°ぐらいの人が多いね。

 

 

まずは一番曲がっているところで100°、一番伸びているときで160°ぐらいを目安に練習してみたらどうかな。

 

 

関連記事

  1. テクニカル合格に絶対必要な曲げ荷重。その曲げ荷重合ってますか?

  2. コブは縦に滑るのとバンクを滑るのでどっちが点数が出ますか?

  3. ターンは腰の位置で決まる

  4. スキーグラフィック2016年2月号にテクニカル・クラウンを目指す人にぜひ読んでもらいたい記事

  5. テクニカル合格のポイント

  6. スキーをずらす技術

メール購読

ブログでは書けないこと、テクニカル・クラウン合格に役立つ情報、レッスン情報などを配信
  1. どれだけ倒しこめるか?内径角の重要性

    2018.02.15

  2. 苗場で動画を撮ってもらったのでアップしますin Feb/2018

    2018.02.09

  3. 八方尾根の事前講習

    2018.01.10

  4. 両板が外れて吹っ飛んだ

    2017.12.13

  5. 板をたわます技術

    2017.12.04

  1. テクニカル・クラウンプライズテスト日程2018年度

    2017.11.20

  2. レッスンキャンプ日程(2017-2018シーズン)

    2017.10.02

  3. クラウンプライズ合格率(都道府県別クラウン)

    2017.07.17

  4. テククラ合格倶楽部参加者からのコメント

    2017.03.10

  5. テクニカルプライズ合格率(都道府県別テクニカル)

    2015.11.08

アーカイブ

2018年2月
« 1月    
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728