テククラ最短

 

テククラを最短で取るには

 

どうしたらいいですか?

 

って良く相談される。

 

 

最短って言ってもテククラはそんなに簡単じゃないから、すぐに受かる人もいるし、何年も受からない人もいるよ。

 

 

それを前提にした話なんだけど、まずは自分の師匠を見つけること。

 

この人に付いていこうって決めること。

 

 

いろいろな人に教わるより、テククラの師匠をこの人って決めて、付いていった方がいいよ。

 

 

テククラ最短で取りたいんだったら、優しい人じゃなくて、厳しい人を選んでね。

 

しつこく直してくれる人。

 

 

多くの先生って、「優しく」「好かれるよう」にするからね。

 

向こうも客商売だから仕方ないけど、褒め上手な人って多いよね。

 

褒めると客が増えるんだって...。

 

デモが言ってた。3直して、7褒めるらしい。

 

 

でもそういうのにだまされちゃダメよ。

 

考えてみて。

 

生徒としては褒められて嬉しいけど、褒められるってことはいいじゃんって言われているってことなんだよ。

 

 

じゃあテククラ受かんの??

 

って話じゃん。

 

 

私褒められて伸びるタイプって言う人いるけど、ダメよ。

 

褒められるってことはそこでストップってことだよ。

 

 

直されて、直そうとして、そいで伸びるんだよね。

 

だからテククラ最短で合格したきゃ、しつこく直してくれる先生、何度も同じことを言ってくれる先生を選ばないとダメ。

 

 

先生も褒める方が楽なのよ。考えなくていいから。嫌われる心配もいらないし。

 

何度も同じこと言うのって疲れるし、嫌われるかもだし、本当に上達して欲しいと思ってなきゃ言えないよ。

 

 

テククラ最短合格のために、いい師匠を見つけてね。

 

 

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

関連記事一覧

最新記事