板をたわます技術

1級に合格して、テクニカルを狙うレベルの人に多いのが「スキー板がたわまない」って悩み。

テクニカルを持っていても、同じ悩みを持っている人もたくさんいるわけで、「どうやったらスキーがたわむのか」ってことは、のどから手が出るほど知りたいことだと思う。

答えはシンプル。

「体重を載せる」ことと「外力を使う」こと。

大人の体重は、軽い人でも50Kg程度あるわけだから、自分の体重をスキーに載せるだけで、スキーは勝手にたわんでくれる。

だからうまい人は体重を載せるだけでスキーが仕事をしてくれるを知っているし、実際滑っているときにそんなに力を使ってない。

ここら辺のことを理解できるようになると、テクニカル。クラウンの合格が近づいてくるよ。

椅子を2つ、間を空けて置いて、だいたい1m50㎝ぐらい、そしてその上に板を置く。

板の端っこが椅子に乗るように。

そして板の真ん中を押すと、板って簡単にたわむよね。

軽く押しても10kgかせいぜい20㎏ぐらいの重さがかかってるだけ。

それでもしっかりたわむよね。

もし君がその板に乗ったらどうなると思う??

折れるかもって心配になるよね。

自分の体重を乗せるだけでスキーは相当たわむものなの。

なのにテクニカルやクラウンに届かない多くの人は、板をたわまそうとがんばってしまう。

がんばるんじゃなくて、体重を載せればいいだけ。

そうしたら板が勝手にたわんでくれるから。

イメージしてもらえたかな。

関連記事

  1. 谷回りで爪先側に乗るべきか?それともカカト側に乗るべきか?

  2. スキーは落下するスポーツ

  3. スキーをずらす技術

  4. スキーで迷っている君へ

  5. 金子あゆみさんから聞いた話

  6. 「外足主導」か「内足主導」かという議論

メール購読

ブログでは書けないこと、テクニカル・クラウン合格に役立つ情報、レッスン情報などを配信
  1. どれだけ倒しこめるか?内径角の重要性

    2018.02.15

  2. 苗場で動画を撮ってもらったのでアップしますin Feb/2018

    2018.02.09

  3. 八方尾根の事前講習

    2018.01.10

  4. 両板が外れて吹っ飛んだ

    2017.12.13

  5. 板をたわます技術

    2017.12.04

  1. テクニカル・クラウンプライズテスト日程2018年度

    2017.11.20

  2. レッスンキャンプ日程(2017-2018シーズン)

    2017.10.02

  3. クラウンプライズ合格率(都道府県別クラウン)

    2017.07.17

  4. テククラ合格倶楽部参加者からのコメント

    2017.03.10

  5. テクニカルプライズ合格率(都道府県別テクニカル)

    2015.11.08

アーカイブ

2018年6月
« 2月    
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930