両板が外れて吹っ飛んだ

先週末からようやくシーズンイン。

フリースキーをせずに、いきなりレッスンに入ったんですが、3本目を滑っていて、停まるときに両板のビンディングが外れて吹っ飛びました!!

その後は、カメラ構える腕が震えながら生徒さんの撮影をしたほど、左肩を負傷してしまいました。

なんで吹っ飛んだかというと、シーズンオフにビンディングを一番弱く緩めておいて、そのまま締めるのを忘れて滑ってしまいました( ̄▽ ̄;)

解放値が4以下で、ガンガンにスピード出して深回りしていたのに外れなかったのが、すばらしい!!

停まるときに捻りを入れたから吹っ飛んだんですね。

って、勘違いしないでくださいね。

自画自賛したいわけではないし、解放値を緩めてすべるのは危険なので絶対にマネしないように。

でも、これだけビンディングを緩くして、ガンガンに滑ったのに途中でスキーが外れなかった。

何を言いたいのかというと「板を真上から踏んでいるから」という教訓をお伝えしたかったんです。

もし変な方向から踏んでいたり、ポジションが悪かったり、ひねったりしていたら、滑走中に吹っ飛んでいたと思います。

僕はいつも正しいポジションで、真下にスキーを踏むように心がけています。

これはとても大切なこと。

テクニカルを目指している人もクラウンを目指している人も、スキーは真上からまっすぐ板に向かって踏むことを常に意識してほしい。

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

関連記事一覧

最新記事