ターンは腰の位置で決まる

 

細かいところを気にすればキリがないし、テクニカルを受けるのに細かいところを気にしてもしようがない。

 

大切なことはただ一つ、

 

腰のポジション

 

ここだけしっかりしてればテクニカルは受かる。

 

 

スキーって、単純なスポーツだよね。

 

落下してって、その中できれいなターン孤を描ければいい。

 

 

そしてきれいにターン孤を描くための秘訣は、腰の位置。

 

板と腰の位置がいい関係にあるときれいなターンになるし、位置関係が悪いときれいに見えなくなる。

 

 

すごいシンプルでしょ。

 

 

スキースクールに入ると難しいこと教わるよね。

 

谷回りが何チャラとか、外向がどうこうとか。

 

 

そういう細かいことは腰のポジションしっかりマスターしてから、考えればいいこと。

 

腰の位置が悪いのに他のことを一生懸命やってもテクニカルは受からないよ。

 

切り替えてから腰とスキーが徐々に離れていって、ターン後半離れた腰が板に近づいていく。

 

ここを滑らかに見せられれば、テクニカルは楽に受かると思う。

 

 

もちろん他の部分に変な癖があるとだめだけど。

 

でも変な癖って、だいたいが、腰のポジションが悪いから出てくるんだよね。

 

 

腰が外れてると、板に重さを乗せられないんだよ。

 

だから板は走らなくなるし、下から見てるとスキーに乗せられてるだけのように見えるわけ。

 

スキースクールに入ればいろいろなことを注意されると思うけど、まずは腰の位置が正しい位置にあるかを注意してみて。

 

動画を撮って、1コマずつチェックすれば、どこで腰のポジションが悪いのかわかるから。

 

 

そこを修正していけばテクニカルは簡単に合格できるからね。

 

 

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

関連記事一覧

最新記事