スキー場別検定バーン

東京都連SAT防衛省主催の菅平テクニカル・クラウンプライズの検定バーン

菅平で行われるSAT(防衛省)のテクニカル・クラウンプライズの使用検定バーンはここ

整地種目はすべて、表太郎ゲレンデの太郎コース。

不正地種目は佐太郎(裏太郎チャレンジコース)を使用。

佐太郎はコブって感じじゃなくてガチガチの時が多いので、難易度高いと思うよ。

菅平マップ

整地は表太郎を下から見て右半分を使ってるみたい。

ここも難関。

なぜなら、片斜面+落ち込みあり。

とまあ、いやらしい斜面設定。

クラウン受験者も結構落とされてるよ。

テクニカル受験者はほぼみんな落とされるから落とされないように気をつけてね。

2016年の防衛省のプライズは検定員は谷川信雄さん、末松明さん、川端佑沙さんと現SAJデモ、元SAJデモの豪華キャスト。

事前講習も彼らがやると思うから、テクニカル・クラウンを受験しない人も事前講習参加の価値ありかも。

菅平はスクールの方でも長野県連のプライズテストをやってるけど、検定員(事前講習講師)の面子から言って、防衛省はオススメだと思う。

長野県連のテククラは天狗の左上で整地種目をやってるよ。

ここも結構急だけど、斜度変化がないから滑りやすいかも。

あくまで検定バーンについてはあくまで過去の実績と予想なので、雪の状況で、変更はあるので、100%じゃないけど参考にしてね。

関連記事

TOP