板をたわます技術

1級に合格して、テクニカルを狙うレベルの人に多いのが「スキー板がたわまない」って悩み。

テクニカルを持っていても、同じ悩みを持っている人もたくさんいるわけで、「どうやったらスキーがたわむのか」ってことは、のどから手が出るほど知りたいことだと思う。

答えはシンプル。

「体重を載せる」ことと「外力を使う」こと。

大人の体重は、軽い人でも50Kg程度あるわけだから、自分の体重をスキーに載せるだけで、スキーは勝手にたわんでくれる。

だからうまい人は体重を載せるだけでスキーが仕事をしてくれるを知っているし、実際滑っているときにそんなに力を使ってない。

ここら辺のことを理解できるようになると、テクニカル。クラウンの合格が近づいてくるよ。

椅子を2つ、間を空けて置いて、だいたい1m50㎝ぐらい、そしてその上に板を置く。

板の端っこが椅子に乗るように。

そして板の真ん中を押すと、板って簡単にたわむよね。

軽く押しても10kgかせいぜい20㎏ぐらいの重さがかかってるだけ。

それでもしっかりたわむよね。

もし君がその板に乗ったらどうなると思う??

折れるかもって心配になるよね。

自分の体重を乗せるだけでスキーは相当たわむものなの。

なのにテクニカルやクラウンに届かない多くの人は、板をたわまそうとがんばってしまう。

がんばるんじゃなくて、体重を載せればいいだけ。

そうしたら板が勝手にたわんでくれるから。

イメージしてもらえたかな。

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

関連記事一覧

最新記事