スキーは落下するスポーツ

 

スキーは斜面を落下していくスポーツ。

 

だからどの場面でも重心は落下方向に移動していかないといけない。

 

山回りでも、谷回りでも、切り替えでも、フォールラインでも、常に体が谷に落ちていくことが大切。

 

 

一連の滑りの中で体が谷側に落ちていかない場面があるなら、スキーには必要のない余計な運動をしてるってこと。

 

 

これはテクニカルやクラウンを受ける人にとってもとても大切な考え。

 

 

スキーは落下するスポーツで、落下力を上手に使ってる人が評価されるの。

 

ターンすることに力点を置く人は多いけど、落下に意識を置いてる人は少ないよね。

 

とても重要なことなのにね。

 

元レーサーは技選でいい成績残すよね。

 

2つ理由があって、ひとつはスピードに強いこと。

 

そしてもうひとつは落下を上手に使えているから。

 

今シーズンはぜひ、1に落下、2に落下、3にターン、ぐらいに、自分の頭の中のイメージを変えて滑ってみて。

 

きっといい滑りができるようになるから。

 

 

 

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

関連記事一覧

最新記事