スキーをずらす技術

 

テクニカルに合格するにはずらす技術はとても重要。

 

なかなか上手にずらせない人は、急斜面で、落とされてエッジングが山回りに集中しすぎたり、オーバースピードで減点されたりしてるよね。

 

これはね、エッジの角度と体が進む方向が合っていないから。

 

 

テクニカル受験者に多いのが、ターンの切り替え後に体を谷方向に落としすぎて、エッジに乗って滑っちゃう失敗。

 

体を落としすぎちゃうと、スキーから体が離れすぎちゃって、しっかり重さを乗せられなくなっちゃうの。

 

これを修正するには、まずは体をスキーから離しすぎないこと。

 

そうするとエッジ角が少なくなり、コントロールしやすくなる。

 

 

いつもより、多めに滑走面を使う意識、そして、しっかり重さを乗せられる位置に体を置く。

 

内側に体が入りすぎると、テクニカルでは減点されるから注意してね。

 

 

スピード、ターン弧に合わせたポジションを常に作れることが、上手にずらすことへの第1歩。

 

いいポジションにいられるようになれば、「切る」「ずらす」が楽に出来るようになるからね。

 

 

テクニカル加点のためにズルズルもキュイーンもコントロールできるようにしよう。

 

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

関連記事一覧

最新記事